包茎には仮性・真性・嵌頓などの種類があり、状況に応じて対策も異なります。

最寄りのクリニックを探す 地域検索 地域検索
メニュー
閉じる
包茎クリニック【料金・エリア・口コミ】一発で見つかるサイト

対策方法まとめ|包茎の種類別でみる【保存版】

包茎には、放置しても良いものと放置することによってデメリットが生じるものがあります。まずは状況を把握し、どのような措置を講ずるべきなのかを判断しましょう。日本人男性の割合等についても記載しておりますので、是非ご参考ください。

包茎の種類

まずは包茎にはどのような種類があるのかを見ていこう!

包茎には大きく分けて「仮性包茎」「真性包茎」「嵌頓(カントン)包茎」の3種類が存在する。
先天性か後天性か、治療の要否等について解説するぞ。

仮性包茎

仮性包茎のイメージ画像

日本人で最も多いと言われている「仮性包茎」
成人男性の70%が仮性包茎に分類されると考えられており、同じ仮性包茎であっても重度・軽度が存在しています。

仮性包茎とは、普段は包皮で亀頭が隠れてしまっているが、勃起時に自然に包皮が剥ける・勃起時以外も手を使えば問題無く亀頭が露出する状態の包茎です。

仮性包茎が引き起こすリスク

亀頭が皮に包まれているため外傷を受け辛いというメリットがあります。

なお、仮性包茎にはほんの少しだけ皮が被っている「軽度なもの」と、勃起時でも皮が亀頭を覆ってしまう「重度なもの」が存在します。
まず知っておいていただきたいのは、仮性包茎だからといって病気のリスクが大きく上がることは無いという点です。

ただし、しっかりと洗わないと亀頭と包皮の間に恥垢が溜まってしまい、陰茎ガン・HIV感染・HPV感染等のリスクを高めます。
(※HPVは子宮頸がんの進行の原因となるウイルスです。)

包皮を剥き亀頭をしっかりと毎日洗浄していれば、包茎と病気の間に因果関係はまず生じません。

強いて言えば、亀頭が常に皮に覆れているため、外部からの刺激に弱くなり早漏や中折れに繋がってしまう可能性が考えられます。

仮性包茎の対策

矯正器具の使用・包茎手術によって余った包皮を切除といった対策が考えられます。
軽度の場合は矯正器具等で「剥き癖」を付けることで改善する可能性がありますが、重度の場合は手術で皮を切除せねば改善には至りません。

ただし、仮性包茎だからといって必ずしも改善が必要というわけではありませんので、クリニックでカウンセリングを受けるなど慎重に対応しましょう。

また、繰り返しになりますが、包皮と亀頭の間に溜まった垢・ゴミは毎日しっかりと洗い流すようにしてください。

真性包茎

真性包茎が抱えるリスクとは

亀頭が完全に皮で包まれており、勃起時や手を使っても亀頭が露出しない状態を「真性包茎」といいます。

ただし、男性は生まれた段階では亀頭と皮の間に癒着(生理的癒着)があるのが一般的であり、成長とともに癒着は剥がれていきます。

日本の検診による統計では、1歳までの乳児期は86%、3歳児で34%、高校生で25%が真性包茎といわれていますが、外国のデータでは、17歳で99%の子どもの包皮はむけると報告されています。

徳島県医師会HPより引用

つまり「皮が剥けない状態」は成長不足が原因であり、仮にまだ10代後半~20代前半であれば自然に改善される可能性があるのです。

真性包茎が引き起こすリスク

真性包茎は亀頭が正常に露出しない状態であるため、挿入時に痛みが走る・コンドームが付けられない等で上手く性行為が出来ない可能性が考えられます。

また、陰茎ガンは真性包茎の人しかならないという説もあります。
なぜならば、真性包茎の場合は包皮にウイルスが入っても洗い流すことができず、感染リスクが通常よりも高いためです。

なお、同ガンの進行はHPVウイルスが原因であり、同ウイルスは女性の子宮頸ガンも引き起こすと言われておりますので、パートナーの病気を招く可能性も否定できません。

真性包茎の対策

前述した通り、加齢に伴い皮が剥けていく可能性がありますが、20代後半になっても皮が剥けない場合は対策が必要です。

癒着が無いにも拘わらず皮が剥けないのは“包皮の入り口が狭いこと”が原因と考えられますので、手術で皮を切除せねばなりません。

真性包茎は保険が適用されますので、仮性包茎の手術に比べて費用を大きく抑えることが可能です。

嵌頓包茎

嵌頓包茎の状態を表した画像

包皮は剥けるが、包皮の入り口が亀頭の溝に引っかかってしまい、戻らなくなってしまった状態を「嵌頓(カントン)包茎」と呼びます。

前述した仮性包茎・真性包茎とは異なり、菌が入ったことによって炎症を引き起こしている状態であるため、一時的な症状と言えます。

ただし、一時的だからといって油断は禁物です。
亀頭や包皮に血が流れ辛い状態ですので、最悪同部位が壊死する可能性も否定できません。

直ぐに包茎手術を扱うクリニック又は泌尿器科のある病院に行きましょう。

嵌頓包茎が引き起こすリスク

嵌頓包茎は、真性包茎の方が無理に皮を剥いたり、何かしらの原因で包皮が膨張したりすることで引き起ります。

先ほども述べましたが、包皮が通常の状態ではないため、亀頭部や包皮に十分な血液が行き渡らない可能性があります。

また、無理に戻そうとするとさらに包皮が膨張してしまい、状況が悪化する可能性も否定できません。

嵌頓包茎の対策

はじめに、自分で無理に戻そうとせず必ずクリニックで診察を受けてください。

嵌頓包茎では、まず医師の手で元に戻す「用手的整復法」が試みられ、それでも戻らない場合は皮の一部を切除する形で対応します。

「元々は皮を剥くことができるが、外的要因によって包皮が膨れてしまった」「元々正常に包皮を剥くことが出来ず、無理に剥いたら戻らなくなってしまった」の2パターンが考えられますが、後者の場合はこれを機に手術してしまうのも一つの手です。

包茎の種類まとめ

各包茎の特徴は以下の通りです。

仮性包茎 真性包茎 嵌頓包茎
メリット 外傷を防いでくれる
デメリット 恥垢が溜まりやすい
早漏になりやすい
性行為の弊害になる
病気リスクがアップ
血流が止まる恐れ
対策手段 矯正器具
包茎手術
マッサージ
包茎手術
用手的整復法
包茎手術
緊急性 無し 無し
※ただし、病気のリスクがあるため治療を推奨
有り

画像引用元:男性治療専門外来セイコメディカルビューティクリニック

真性包茎は物理的に皮が剥けない状態ですので、クリニックで何らかの処置を受ける必要があります。
無理して剥くと、嵌頓包茎になる・怪我をするなどの危険を招きますので、必ずクリニックとすり合わせてください。

仮性包茎は放置でも大きなリスクは無いのだね!
しかし、軽度・重度があるみたいだから、ケースバイケースとも言えるね。

真性包茎・嵌頓包茎は医師の処置が必要なため、クリニックに相談した上で対策を立てよう!

ページTOPへ Page Top