包茎手術の中には「包皮を切除しない治療」という方法が存在します。

最寄りのクリニックを探す 地域検索 地域検索
メニュー
閉じる
包茎クリニック【料金・エリア・口コミ】一発で見つかるサイト

切らない包茎手術まとめ|知っておきたい治療の選択肢

身体にメスを入れるのはどうしても嫌…という方は「切らない包茎手術」を検討してみてはいかがでしょうか。治療は日々進化しており、切らずとも包茎を改善させる方法が確立されています。

切らない包茎手術

どうしても皮を切りたくない、という方は「切らない包茎治療」を選択すると良いだろう。
市販されている包茎矯正グッズでは限界があるが、包茎クリニックであれば切らずに改善を図ることができるぞ!

サイトのキャラクター

切らない包茎治療とは

切らない包茎治療とは、文字通り包皮を切らずに亀頭を露出させる治療です。
いくつか方法がありますが、現在では包皮を糸で固定する方法と、ヒアルロン酸注入による亀頭増大が主流となっています。

糸による固定
糸で固定する切らない包茎手術

包皮を根元に集めて医療糸で固定し、ズル剥けの状態を維持する方法です。
包皮が剥きだしの状態となるため早漏改善等が期待できますが、激しい動きには弱く、性行為中に糸が切れてしまう恐れがあります。

また、根元に包皮が集まっている状態ですので見た目が悪い・包皮が伸びることで包茎が悪化する等のデメリットも挙げられます。

ヒアルロン酸注入
亀頭増大で包茎改善を促す包茎手術

ヒアルロン酸を亀頭に注入することで増大を促し、包皮をカリに引っかけることによって剥けたままの状態を維持するという方法です。
ヒアルロン酸とは人の体内に元々あるゼリー状の物質のことをいい、特定の部位を大きくする(例えば唇を厚くする)・シワを伸ばす等の施術で利用されます。

亀頭の増大+包茎改善という2つのメリットがありますが、同成分によって肌トラブルが起きてしまうという事例も報告されており、入念なすり合わせが必要です。

切らない治療は仮性包茎が前提

なお、切らない包茎手術は「仮性包茎であること」が条件となります。
真性包茎や嵌頓包茎は包皮の入口が狭いことが原因で起こるため、どうしても切らねばならないためです。

ただし、真性包茎でお悩みの場合、切り込みをいれて包皮を剥くという手術方法もあります。

背面切開法
背面切開法イメージ

背面切開法とは、包皮の入口に切り込みをいれることで亀頭を露出させる包茎手術です。
「切らない」という訳ではありませんが、包皮を完全に切除する訳ではありませんので、抵抗感が抑えられます。

ペニスが成長しきっていない幼少期の包茎治療として多く用いられており、成人男性の間でも利用されている手術です。

ただし、包皮を切除する訳ではありませんので、不自然な仕上がりになる・仮性包茎に悩む可能性がある、といったデメリットもあります。

陰茎を伸ばす手術も

陰茎を糸で引き出す手術イメージ

陰茎が埋没している方は、陰茎を引き出すことでペニスの増大を図ることができます。

その場合、切開して引き出す又は糸で引っ張るという2通りが考えられます。
後者の場合は切らずに済むため、切らない包茎治療と併せて検討してみても良いかもしれません。

どうしても切りたくない場合は、医師とのすり合わせはもちろん、メリット・デメリットをしっかりと把握した上で進めるようにしてください。

切らない包茎手術は需要が高く、多くの包茎クリニックで取り扱っている施術だ。
ただし、包皮が伸びることで、時間が経過すると元に戻ってしまう・包茎が悪化するといった可能性も否定できない。

メンテナンスが面倒・一度きりの施術で終わりにしたいという方は通常の包茎手術、どうしても身体にメスを入れたくない方は切らない包茎手術といった形で使い分けると良いだろう。

サイトのキャラクター

画像引用元:https://kaz-hakata-clinic.jp/circumcised-type