包茎手術中・術後に痛みはあるのか?気になる質問を徹底解説します。

最寄りのクリニックを探す 地域検索 地域検索
メニュー
閉じる
包茎クリニック【料金・エリア・口コミ】一発で見つかるサイト

安静期間について~包茎手術中・後の「痛み」を知りたい

痛みはどのくらい続くのか、性行為はどのくらい経てば行えるのか等について予め確認しておきましょう。当ページでは包茎手術にまつわる「痛み」「リスク」について、分かりやすく解説します。

包茎治療は痛い?

男性にとって最もデリケートな部分と言っても過言ではない箇所にメスを入れる…
「とてつもない痛みなのでは!?」と、不安になる方も多いのではないだろうか。

当ページでは、痛みや術後の対策についてまとめているぞ!

原則として手術自体に痛みは無い

セーフを宣言する男性

手術を経験したことが無い人にとって、身体にメスを入れるというのはこの上ない恐怖だと思います。
しかもそれが「陰部」なら、なおの事です。

まず、手術中は麻酔を用いるため当然ですが痛みはほぼ感じません。 麻酔は基本的に局部麻酔を用いますが、吸引や点滴による全身麻酔に対応しているクリニックもあります。

意識がある状態では不安という方は、入院にも対応しているクリニック(全身麻酔による包茎治療の場合は1泊2日になることが多い)を選ぶと良いでしょう。

麻酔の種類は様々

点滴・マスクを着用しての麻酔・局部だけのブロック麻酔などがあります。
喘息をお持ちの方は点滴を使用する、意識を保ったまま施術を進めたい方に対しては局部マスを用いるなど、その人の希望や疾患に併せて利用することが可能です。

なお、麻酔は3時間ほどで切れ、その後痛みが生じる可能性がありますが、基本的には痛み止めが処方されますので、しっかりと飲むようにしてください。

術後は対応次第で痛みが生じる

綱を引っ張る女性

包茎手術の後に、手術した箇所やその周辺が痛む可能性があります。
よくあるトラブルとしては「傷口が開く」「周辺が化膿する」「皮が突っ張る」等が挙げられます。

それでは、実際にひとつずつ確認していきましょう。

傷口が開く

基本的に包茎手術は傷口を専用の糸で縫合します。
そのため、激しく動いたり、突っ張ったりすると縫合した箇所の糸が切れ、傷口が開いてしまう恐れがあります。

傷口が開くと雑菌が入って化膿しやすくなってしまったり、出血によって服を汚してしまったりといったデメリットを引き起こすため、術後は必ず安静にしてください。

傷口が化膿するトラブル

傷口から雑菌が入ってしまうと、化膿・腫れ等を引き起こす恐れがあります。
手術後3日程度は水に触れないようにし、清潔を保つようにしてください。

万が一腫れてしまった場合はすぐに施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

切り過ぎによる皮の痛み

包皮を切除し過ぎると逆に足りなくなってしまい、痛みが生じる恐れがあります。
勃起時を想定した上で切除するため、原則としてこのような問題は発生しませんが、医師の経験不足やミスによって引き起ってしまう可能性は十分に考えられます。

なお、包皮は引っ張られることによって若干伸びるため、多少の突っ張りであれば問題なく、時間の経過とともに馴染んでいきます

ベストな選択をしましょう

走る男性

包茎手術中は痛みませんが、その後の対応次第では痛んでしまう可能性があります。
術後の痛みがどうしても気になる場合は「切らない包茎手術」という選択肢もありますので、ご自身に合ったプランを選択しましょう。

なお、麻酔を使用する場合は2~3時間ほど効果が持続しますので、車の運転やお仕事は控えるようにしてください。
トラブルを絶対に避けたいという方は、1泊のみの入院を視野に入れるのも良いかもしれません。

痛みに関しては心配しなくてもOKだ!
ただし、きちんと対策をしないと傷口が開く、化膿する等で痛んでしまう可能性もあるぞ。

また、麻酔の種類も豊富なので、カウンセリングを経て自分にあった方法を選択しよう。

ページTOPへ Page Top