包茎は包皮の裏側に汚れ(恥垢)が貯まりやすく臭いを引き起こす恐れがあります。

最寄りのクリニックを探す 地域検索 地域検索
メニュー
閉じる
包茎クリニック【料金・エリア・口コミ】一発で見つかるサイト

恥垢はしっかりと洗い落としましょう~臭いケア・早漏対策まとめ

小まめに恥垢を取り除くことで、ペニスの臭いは大きく改善できます。ただし、真性包茎の男性の場合、無理に剥いてしまうと怪我やトラブルを招く可能性があります。事前に医師に相談する、治療を受ける等で対応しましょう。

臭い・早漏について

仮性包茎・真性包茎の男性の多くが、その独特な臭いに悩まされているのではないだろうか。
また、普段亀頭が包皮に包まれている状態であるため、外部からの刺激に弱くなってしまう可能性が考えられる。

今回は、仮性包茎・真性包茎のデメリット二大巨頭ともいえる「臭い」と「早漏」について解説する。

サイトのキャラクター

臭いの原因は恥垢

OUT!を突き付ける女性

包皮と亀頭の間に溜まる垢やゴミのことを「恥垢(ちこう)」と呼びます。
恥垢は、陰茎や亀頭が出す分泌物(尿道球腺液やバルトリン腺液)と尿が混ざり合ってできるため、アンモニア臭を含んだ独特の臭いを放ちます。

また、恥垢を放置してしまうと、パピローマウイルスやカンジダ等の細菌感染の恐れがあるほか、陰部のかゆみ・発疹を引き起こす可能性があります。
用を足す際にウェットティッシュや綺麗な布でやさしく拭き取るなど、小まめにケアしてあげましょう。

ゴシゴシ洗いはNG

前述した通り、臭いの元である恥垢を定期的に取り除くことが悪臭対策の基本です。
しかしながら、亀頭や包皮は外部からの刺激に弱く、大変デリケートな部位と言えます。

臭いや汚れが気になるからといってゴシゴシと強く洗ってしまうと同部位が傷付いてしまう恐れがありますし、汚れた手や洗っていないタオルなどを使用すれば逆に細菌感染のリスクを高めます。

決して無理に洗おうとはせず、まずは清潔な環境を確保した上でケアするようにしてください。

また、真性包茎の方は包皮を完全に剥くことが難しいかと思いますので、包皮口から少しずつぬるま湯を入れて外側から優しく揉むと良いでしょう。
石鹸やボディーソープが沁みない方は、泡立てたぬるま湯を使い、最後に湯水で流すとよりキレイになります。

包茎と早漏の関係について

涙を流す男性

「包茎=早漏」というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。
実は、包茎と早漏の因果関係については医学的な証明がなされている訳ではありません。

早漏の原因の一つとして亀頭の環状部(カリ)が刺激に弱い、という点が挙げられますので、普段皮に包まれている仮性包茎は早漏になりやすいというイメージが付いてしまったものと考えられます。

カリが刺激に弱いという点だけではなく、陰茎部分が敏感・心理的な要因など、早漏の原因は人それぞれです。

つまり、こちらはあくまでも“イメージ”に他ならず、包茎だからといって必ずしも早漏であるとは限りません

早漏が多いのも事実

しかしながら、包茎の方に早漏が多いのも一つの事実です。
もちろん包茎である全てが早漏とは言えませんが、普段から亀頭が露出している人と性行為の時だけ露出する人、どちらの方が刺激に強いかは比べるまでもありません。

対策として「普段から剥いておく」という手が考えられますが、いきなり亀頭をさらけ出すと、カサカサになってしまう・傷付けてしまう等の恐れがあります。

慣れていない人は数時間だけに留める、定期的に保湿クリームを塗る等、適宜確認するようにしてください。

なお、包茎クリニックの増大術はヒアルロン酸等の薬剤を亀頭に注入するため、性感帯と皮膚の間が厚くなり、早漏が和らぐと一般的に言われています。

どうしても早漏を治したいという方は、包茎手術と併せて増大術を検討してみると良いでしょう。
ただし、当然その分料金が嵩んでしまいますので、ご予算オーバーにはくれぐれもお気をつけください。

トラウマになってしまうことも

包茎を恥ずかしがる必要は全くありませんが、だからと言ってエチケットを怠ってもよいという事にはなりません。

いよいよ性行為…となったときに相手の陰部からとてつもない悪臭が放たれていたら、当然モチベーションは下がってしまいますよね。

また、臭いの件でパートナーから怒られた又は傷付くことを言われてしまった・性行為の中断されてしまった等に起因し、性行為に積極的になれなくなってしまう・EDを引き起こすといった二次被害も十分に考えられます。

ケアの方法や習慣を身に付け、対策・改善に努めるようにしてください。
特に仮性包茎・真性包茎の方は、事前にしっかりと洗うことを心掛けましょう。

恥垢は病気の原因にもなるので、小まめに洗うようにしよう!
ただし、拭きすぎは逆に肌を傷つける恐れがあるため、ケアの頻度や力の入れ具合には要注意だ。

同様に、剥き癖を付けようといきなり剥きっぱなしの状態にするのもかえって良くない。
徐々に慣れさせるようにしよう。

また、無理に剥くと嵌頓包茎になってしまう恐れがあるので、真性包茎の方・包皮口が狭い方はくれぐれも気を付けてほしい。

サイトのキャラクター