包茎手術が精神面に及ぼす影響・コンプレックスの解消についてまとめました。

最寄りのクリニックを探す 地域検索 地域検索
メニュー
閉じる
包茎クリニック【料金・エリア・口コミ】一発で見つかるサイト

コンプレックスを無くし自信を取り戻す!包茎手術という選択肢

多くのネットコンテンツ・クリニック広告で「コンプレックスを煽る記述」を目にします。まず、包茎だからと言って他の男性に劣っている訳ではないことを知ってください。はたして包茎治療は本当に自信回復に繋がるのか、分かりやすく解説します。

包茎手術で自信がアップ?

包茎手術によって手に入るもの。
見た目の改善・遅漏化・清潔感という目に見えた結果も期待できるが、やはり何といっても「自信が得られる」という点が大きいだろう。

「病は気から」と昔から言われているが、包茎のせいで自信を無くしてしまう人は少なくないのだ。
今回は“精神面”をテーマに、包茎手術によってどのような変化がもたらされるのかを解説するぞ。

サイトのキャラクター

コンプレックスを持つ必要は無し!

恥ずかしがる男性

「包茎であることを恥ずかしがる必要は全く無い」
と、当サイトでは繰り返しお伝えしてまいりました。
日本人男性のほとんどは仮性包茎であり、しっかりとケアをしていれば日常生活や性行為に何ら支障はないためです。

包茎手術は、もともと“包茎=よくない状態”という誤った知識からはじまりました。
確かに包茎手術には臭いを改善させる・清潔に保つ等のメリットがありますが、美容クリニックではより高額な手術へと誘導するために、男性のコンプレックスを刺激し「包茎は恥ずかしい」というイメージを根付かせたという経緯があります。

包茎には「包皮によって亀頭が守られる」という大きなメリットがありますので、包茎が良くないものという認識は完全に誤りです。
包茎とズル剥けは一長一短ですが、いずれにせよ「包茎による劣等感」を持つ必要は全くありません

包茎手術はコンプレックス解消に繋がる?

それでは、包茎手術をすればコンプレックスは解消されるのでしょうか。
答えは「NO」です。

“包茎手術をしてよかった”という意見はもちろん多いのですが、落ち着かなくなった・亀頭がカサカサになっているのが気になる・仕上がりが悪い(ツートンカラー・ペリカン変形など)といった理由から後悔されている方が一定数いらっしゃいます。

劣等感を捨てたくとも、包茎手術が“必ずしもコンプレックス解消に繋がるものではない”という点についてはくれぐれもご注意ください。

包茎手術を受ける人が多い理由
包茎を卒業した男性イメージ

手術によって包茎を改善するのは、最も手っ取り早く、長い目でみればコストパフォーマンスにも優れている方法だと言えます。

包茎手術で後悔している人の多くは「仕上がり」に不満を抱いておりますので、逆に言えばクリニック選びさえ間違えなければ満足度は高い美容外科ではないかと考えます。

包茎手術は、顔の整形とは異なり、すぐに自信に繋がるわけではありません。
しかし、男性の象徴とも言える「ペニス」に自信が持てないと、女性に対して一歩引いてしまうのは紛れもない事実です。

いざというときに、包茎手術をしたという自信が、あと一歩を踏み出す勇気を与えてくれるのかもしれません。

ED改善・積極性アップにつながる

精神的な影響によって起こるもう一つの悪循環が「ED(勃起不全)」です。

EDには身体性と心因性のものがあり、後者はペニスに自信が持てない・過去に女性から馬鹿にされた経験などから引き起る可能性があります。
心因性EDの場合、まずはそのストレスとなっている原因を取り除かねばなりません。

もちろん包茎手術によってすぐにそのストレスやトラウマが無くなるとは限りませんが、少しずつ自信を取り戻してゆくためのきっかけにはなり得ます。
性行為に対するモチベーションを上げるために、包茎と向き合う方は多いのです。

男としての自信を取り戻すのは容易なことではない!
包茎手術だけが選択肢ではないので、まずはどのような手術法・改善方法があるのかを医師に相談してみてもよいだろう。

一人で決して悩まず、まずは頼れる専門家の意見を聞いてみてはどうだろうか。

サイトのキャラクター