第11回日本抗加齢医学会で発表しました。

日本抗加齢医学会、中山晴美、医療法人美登会はるみクリニック

  ■会期:2011年5月27日(金)・28日(土)・29日(日)

  ■会場:国立京都国際会館(京都市)

  ■会長:木下 茂 京都府立医科大学大学院医学研究科

    視覚機能再生外科学 教授

  ■主催:日本抗加齢医学会

中山はるみ、ダイエット効果、抗加齢医学会、THELLO

今や肥満によって様々な生活習慣病を発症することは良く知られており、なかでも、「糖尿病」「高脂血症」「高血圧」は、肥満が深く関係している。さらに心筋梗塞や脳梗塞などの冠動脈疾患を発症する確率が高い。また、当院は整形外科・ペインクリニックを標榜しているが、肥満が原因により高齢者においてはロコモティブシンドローム(運動器機能低下症候群)になる可能性を高める。特に膝や腰、股関節に負担が掛かり、加齢による骨の弱体化・変形、或いは関節の可動域が狭くなり痛みを発生する。痛みが出ると活動量も減り、更には筋肉も弱りロコモティブシンドロームになる可能性がある。逆に、ロコモティブシンドロームにより運動量が減ると、肥満を誘発しメタボリックシンドロームにもなる可能性がある。[図1.]一方、就業者年齢層においては、生活習慣の改善指導を行っても、就業・社会生活などの環境により、なかなか肥満の改善に結びつかないケースもあり、肥満から生活習慣病に伸展する可能性があるため、より手軽にダイエット効果が得られる仕組みが望まれる。

はるみクリニック、THELLO、メタボ、ロコモ、ダイエット、痩身
[図1.]
THELLO、日本医広、ダイエット治療、痩身、肥満

キセノン光とEMSを利用したダイエット機器「Thello」による体重および体組成の改善と脂質関連ホルモンの変化を検討する。

THELLO、ダイエット、臨床研究、痩身効果、中山はるみ、はるみ先生

当院に通う健常成人10名(男女/4:6)、年齢40歳から60歳を対象とした。

ダイエット、肥満、痩身、THELLO、ゼロ、中山晴美

当院に通う健常成人10名を対象に「Thello」による施術を3ヶ月間(30分/回、40回)行った。採血及び血液検査、体重、体組成、腹囲を含む身体測定を治療前と3ヶ月後に行った。

■検査・測定項目:27項目

THELLO、検査項目、ダイエット効果
THELLO、はるみクリニック、ダイエット、肥満対策
ダイエット効果、痩身効果、内臓脂肪減少
ダイエット機器『THELLO』

1)開発元 株式会社日本医広
2)測定原理:医療用リハビリ機器(キセノン)用に開発した

原子番号54の元素光線を使用している。主に患部の血流改善・

組織の活性化に用いられる光線。

[図2]

 

キセノン光線の発光スペクトルは紫外線から可視光線・赤外線

までの380nmから1100nmの複合波長帯の光で、特に赤外線に

おいては近赤外線領域と言われる800nmから1000nmにピーク

があり、生体の血液(ヘモグロビン)や水分に吸収されやすく、

浸透度が高い光線である(人体に有害な400nm以下の紫外線は

特殊なフィルターでカット)。

[図3.]

キセノン、THELLO、肥満治療
[図2.]
[図3.]
[図3.]

 

 

【光の生体反応】

・交感神経機能抑制

・血管拡張

・知覚神経の興奮性抑制

・中枢神経のエネルギー代謝への影響

 

また、Thelloのキセノンプローブから照射される光線は、1発光18ジュールの高エネルギー光を5/1000secのパルスで照射し、適度な温度と7cmに及ぶ生体深達度(メーカー実測値)は高出力のエネルギーを持ちながら、やけど等の副作用を防いでいる。

[図4.]
[図4.]
[図5.装着例]
[図5.装着例]

3)中周波EMS(干渉波)の特長ThelloのEMSは、異なる2種類の電流をクロスさせ、中周波を流し、干渉(共振)させてできる独特の波形を持っており、皮膚表面の刺激や痛みを制御し、身体の深部まで広い範囲まで届く特長がある。
4)操作手順:キセノンプローブとEMSパット[図4.]をダイエット希望部位に貼付する[図5.]。

THELLO、ダイエット治療

有害事象を示す項目は無かった。治療前と3カ月後の平均値及び標準偏差の比較を表に示す。[表1]BMI[グラフ1.]、体重[グラフ2.]、内臓脂肪レベル[グラフ3.]、腹囲(臍上)[グラフ4.]、Leptin/Adiponctin比[グラフ5.]の各項目で有意な改善を認めた。アディポネクチンは、有意ではないが、P=0.084で上昇する傾向が見られた。

THELLO、ダイエット効果、痩せる、痩身、肥満、メタボ
[表1.]
THELLO、ダイエット治療、痩身、痩せる
ダイエット、痩身、THELLO

キセノン光は、生体透過光として最適とされる近赤外線領域に集中した波長を持つ活性化の高い励起光である。従来はおもに、消炎鎮痛機器としての利用しかなかったが、生体への深達度が高いため、深部加温による細胞組織の活性化・血管拡張・血流改善などをもたらし、深部での脂肪燃焼効果が期待される。今回は、キセノン光にEMSを搭載した新しいダイエット機器「Thello 」により、痩身効果について検討し、それを裏付ける結果が得られ、キセノン光とEMSによって体重、体脂肪、さらには内臓脂肪の減少効果を確認した。また、脂質代謝ホルモンであるアディポネクチンにも改善傾向が見られ、さらにはLeptin/Adiponctin比に有意な差が見られた結果は、ダイエット効果に加え、生活習慣病などに対しても有用である可能性を示唆している。また、Thelloの操作は非常に簡便でほとんど人の手を介さず、患者の負担も少ないため、診療の現場において効率的に施術を施すことが出来る。

ダイエット、痩身、THELLO

キセノン光とEMSを利用したダイエット機器「Thello」を使用した施術により、BMI、体重、内臓脂肪レベル、腹囲(臍上)、Leptin/Adiponctin比の各項目において、有意な改善を認めた。この中でも特に内臓脂肪レベルの低下に効果があると思われる。簡単な操作で患者の負担が少なく、効率的に肥満を改善できることを示唆している。今後もさらに症例を重ねる。