学術・講演活動

■第11回日本抗加齢医学会総会にて発表しました!

2011年5月27日~29日、京都国際会館で開催されました『第11回日本抗加齢医学会総会』で、最新鋭のダイエット機器『THELLO』の臨床的効果の研究について、学術発表を行いました。

日本抗加齢医学会_学会発表_医療法人美登会はるみクリニック_中山晴美

当はるみクリニックでは、最新鋭ダイエット機器『THELLO』をいち早く導入し、約1年間に渡り、その臨床的な意義の解明について研究を重ねて来ました。

今回の研究結果として、BMI、体重、腹囲の減少効果を確認出来たのに加え、内臓脂肪レベル減少やアディポネクチンの増加が確認でき、学会発表の会場でも多くの他の先生方の関心を集めました。

この研究に被験者としてご協力頂きました皆様と、共同研究者としてデータの解析や多くのアドバイスを頂きました自治医科大学臨床検査医学の小谷和彦先生と研究プロトコルの立案・全体のコンサルティングにご協力頂きましたセリスタの伊藤さんに、心より感謝申し上げます。

学会で発表した詳しい内容については、下記バナーをクリックして下さい!

Thello学会発表タイトル画像、はるみクリニック、中山晴美
≪抗加齢医学会発表内容詳細≫

■日本ペインクリニック学会 第44回大会にて発表しました。

2010年7月1日~3日、京都国際会館で開催されました『日本ペインクリニック学会 第44回大会』にて、最新鋭の疼痛治療器「Protolight」の治療効果の検討ついて、2演題を発表しました。

[写真をクリックすると大きい画像でご覧頂けます]

【演題1抄録】

日本ペインクリニック学会第44回大会 

201071()3()

P1-1-06 新しい疼痛治療器『Protolight』のVASによる疼痛改善効果の検討

医療法人 美登会 はるみクリニック1

自治医科大学 臨床検査医学2

ウイスマー研究所3

中山晴美1、小谷和彦2、伊藤承正3

【目的】新しい疼痛治療器Protolight (ドイツBIREG) は、赤色光・赤外線を陽子共鳴周波数に乗せて照射し疼痛緩和効果を発揮する。このProtolight治療による疼痛改善効果についてVAS (visual analog scale) を用いて、その効果を検討した。

【方法】腰痛、腱鞘炎、関節痛などの慢性疼痛患者7 (男性=3) を対象に、120分間のProtolight照射を、2週間に計7回行った。治療前に毎回、疼痛の改善を10段階のVASで評価した。有意水準を5%としてRepeated-measured ANOVAで検定した。

【結果】初回治療前のVAS (6.6±2.0) は、2週間の経過で有意に改善した (p0.01)。初回に比べると5回目 (5.2±1.8)6回目 (4.4±2.1)7回目 (4.4±2.0) で有意な改善の程度が認められた。

【考察】Protolightは細胞レベルで改善を促す新しい概念の治療器である。臨床的な検討はこれからであるが、VASの改善効果を認められ、疼痛治療にたいしての効果が期待される。今後も症例を重ねて行きたい。

 

【演題2抄録】

日本ペインクリニック学会第44回大会 

201071()3()

P1-1-07 新しい赤色光赤外線疼痛治療器『Protolight』による酸化ストレスへの短期的影響

医療法人 美登会 はるみクリニック1

自治医科大学 臨床検査医学2

ウイスマー研究所3

中山晴美1、小谷和彦2、伊藤承正3

【目的】新しい疼痛治療器Protolight (BIREG) は、赤色光・赤外線を陽子共鳴周波数に乗せて照射し疼痛緩和効果を持つ。慢性疼痛はフリーラジカルを過剰産生するとされている。Protolight治療が血中酸化ストレスマーカーに及ぼす影響について観察する。

【方法】疼痛患者13 (男性=8) を対象にProtolight治療を行い、その直前と30分後に酸化ストレスと抗酸化力を測定して値の変化を検討した。同測定にはFRAS4によるd-ROMsテストおよびBAPテストを用いた。前後値の比較にはWilcoxon検定を行った。

【結果】測定値に性差はなかった。治療前後でd-ROMs値は有意に低下した。d-ROMs 治療前 : 360.9±52.6 (298454) 治療後 : 351.7±45.2* (282~424) p0.07BAP 治療前 2306.6±150.3 (20252614) 治療後 : 2289.1±116.9 (20812468) ns

【考察】本結果はProtolightが酸化ストレス度を低下させる可能性を示唆しており、更に検討を進める予定である。

 

※当クリニックでは、この最新鋭の疼痛(痛み)治療器を導入しました。“痛み”でお困りの方は、是非一度ご相談下さい。

■第8回 酸化ストレス・抗酸化セミナーで講演しました

2010年4月25日(日)に開催された『第8回酸化ストレス・抗酸化セミナー(ウイスマー主催)』で講演しました。

当日は、300人近い参加者で、大盛況でした。

[画像をクリニックすると拡大画像をご覧頂けます]

今回のセミナーで講演した内容は、以下の通りです。

新疼痛治療器のプロトライトの研究では、自治医科大学の小谷和彦先生との共同研究で行いました。

新しい疼痛治療器Protolightの酸化ストレスに与える影響  

/ Redox Analyserの有用性 

 

医療法人美登会はるみクリニック 理事長 / 院長 

東京医科歯科大学 保健衛生学研究科 保健教育学 客員講師 

中山 晴美

 

1. 新しい赤色光赤外線疼痛治療器“Protolight”による痛み改善効果の評価と、酸化ストレスへの短期的影響 

<共同研究者 : 自治医科大学臨床検査医学 小谷和彦>

【目的】 

新しい疼痛治療器Protolight (ドイツBIREG) は、グローバルスケーリング理論に基付き、赤色光・赤外線を陽子共鳴周波数に乗せて疼痛部位に照射して疼痛緩和効果を発揮する。この新しい治療器による痛み改善の評価をVAS (visual analog scale) を用いて検討する。

また、慢性疼痛はフリーラジカルの過剰産生により酸化ストレス状態になり、除痛と共に低下する事が報告されている。昨年の「第43 ペインクリニック学会」において既に報告したが、健常群と比べて慢性疼痛群は有意に酸化ストレス度が高い。そこで、このProtolight治療が酸化ストレス度及び抗酸化力に及ぼす影響についても観察する。

【方法】 

VASによる疼痛改善評価 : 腰痛、腱鞘炎、関節痛などの慢性疼痛患者7 (男性 = 3) を対象に、120分間のProtolight照射を、2週間に渡り合計7回行った。治療前に毎回、疼痛の改善を10段階のVASで評価した。有意水準を5%としてRepeated-measured ANOVAで検定した。

酸化ストレスへの影響:疼痛患者13 (男性 = 8) を対象にProtolight治療を行い、その直前と30分後に酸化ストレス度と抗酸化力を測定して値の変化を検討した。同測定にはFRAS4によるd-ROMsテストとBAPテストを用いた。前後値の比較にはWilcoxon検定を行った。

【結果】 

VASによる評価の結果:初回治療前のVAS6.6±2.0点)は、2週間の経過で有意に改善した (p < 0.01)。初回に比べると5回目 (5.2±1.8) 6回目 (4.4±2.1) 7回目 (4.4±2.0) で有意な改善の程度が認められた。

酸化ストレス度と抗酸化力の結果:測定値に性差はなかった。治療前後でd-ROMs値は有意な低下傾向を示した。抗酸化力は有意な変化が見られなかった。

 

測定項目

治療前

治療後

P

d-ROMs

360.9±52.6 (298~454)

351.7±45.2* (282~424)

P = 0.07

BAP

2306.6±150.3 (2025~2614)

2289.1±116.9 (2081~2468)

ns

 

 


【考察】

Protolightは、陽子共鳴周波数で赤色光と赤外線を疼痛部位に照射し、細胞レベルから改善を促す新しい概念の治療器である。臨床的な検討はこれからであるが、今回全ての症例についてVASの改善効果を認めたため、従来治療が困難であった疼痛治療に対しても効果が期待される。また、Protolight治療によって酸化ストレスの低下を認めた事は、疼痛緩和により全身的な改善を示唆している。今後も症例を重ねて行きたい。

尚、さらなる詳細の検討については、第44 日本ペインクリニック学会で発表する。

 

2.Redox AnalyserCARRIO400』の有用性

【目的】

世界で初めてフィルターを使わないLEDを採用した4チャンネルの光度計を有する『CARRIO400 (Redox Analyser) 』は、d-ROMsテスト (酸化ストレス度) BAPテスト(抗酸化力)を4測定同時に行えるように開発された。この『CARRIO400』の測定精度の基礎検討を行った。

【方法】

d-ROMsテスト及びBAPテストの各測定において、以下の検討を行った。

4つのチャンネル (光度計) のそれぞれの同一検体連続測定における再現性の検討

各チャンネル (光度計) 間のばらつきの検討

希釈直線性及び測定範囲の検討

従来機種 (フリーラジカル解析装置) との相関の確認

操作性の確認

【結果】

各チャンネルの連続再現性並びにチャンネル間のばらつきについては、申し分のない制度である事が確認できた。また、希釈直線性・測定範囲及び従来機種との比較についても同様に、申し分のない結果であった。

操作性については、『CARRIO400』は4チャンネル光度計を有しているため、d-ROMsテスト又はBAPテストを4検体同時に測定することが出来る。また、d-ROMs2チャンネル、BAP2チャンネルでも測定可能なため、2人の被験者の酸化ストレス度と抗酸化力の計4測定を同時に行う事が出来る。臨床の現場或いは他検体の実験測定において、測定時間が短縮され、簡単操作のため有用である。

【考察】

Redox AnalyserCARRIO400』は、測定精度が高く、尚且つ短時間・簡単操作で多検体測定が出来るため、従来機種と比較してもかなり有用性が高い。


 

Consideration of pain improvement effect per VAS (visual analogue scale) and short term effect on oxidative stress by a new red light ultrared treatment device Protolight / Usefulness of the new Redox Analyser “Carrio 400”

 

Dr. Harumi Nakayama M.D., Ph.D., Director of Harumi Clinic / Health Education Division, Healthcare Hygieiology, Tokyo Medical and Dental University

 

1.Consideration of pain improvement effect per VAS(visual analogue scale) and short term effect on oxidative stress by a new red light ultrared treatment device Protolight

[Coauthor : Clinical Laboratory Medicine, Jichi Medical University Kazuhiko Kotani]

Purpose

Protolight (BIREG, Germany) is a new pain treatment device based on the global scaling theory. Using this device, red and infrared light modulated by proton resonance frequencies is used to irradiate painful areas, exerting pain-relieving effects. Improvement in pain after treatment using this new device was evaluated employing the visual analog scale.

Studies have shown that oxidative stress is induced by chronic pain due to the excessive production of free radicals, but decreases after pain relief. As we previously reported in the “43rd Meeting of the Japan Society of Pain Clinicians”, the oxidative stress level was higher in the group with chronic pain than the healthy group. Therefore, we also evaluated the effects of treatment using Protolight on the oxidative stress level and antioxidant potential.

Methods

(1) Evaluation of improvement in pain using the VAS: The subjects consisted of 7 patients (3 males and 4 females) with chronic pain such as low back pain, tenosynovitis, or arthralgia. Irradiation using Protolight was performed for 20 minutes a total of 7 times during a 2-week period. Before each treatment, pain was evaluated using a 10-grade VAS. Repeated-measured ANOVA was performed, and p < 0.05 was regarded as significant.

(2) Effects on oxidative stress: The subjects consisted of 13 patients (8 males and 5 females) with pain. Treatment using Protolight was performed. Oxidative stress and the antioxidant potential were measured immediately before and 30 minutes after each treatment, and their changes were evaluated. For measurements, the d-ROMs test with FRAS4 and the BAP test were used. Values before and after treatment were compared employing the Wilcoxon test.

Results

(1) Results of evaluation using the VAS: The VAS score significantly improved after treatment for 2 weeks compared to the pretreatment value (6.6 ± 2.0) (p < 0.01). Compared with the score after the first treatment, the scores after the 5th (5.2 ± 1.8), 6th (4.4 ± 2.1), and 7th (4.4 ± 2.0) showed significant improvement.

(2) Results regarding the oxidative stress level and antioxidant potential: Values did not differ between males and females. After treatment, the d-ROMs value significantly decreased, but the antioxidant potential did not significantly change.

 

Measurement item

Before treatment

After treatment

P - value

d-ROMs

360.9±52.6(298~454)

351.7±45.2* (282~424)

P = 0.07

BAP

2306.6±150.3 (2025~2614)

2289.1±116.9 (2081~2468)

ns

 

Discussion

Protolight is a new device which can be used to irradiate painful areas with red and infrared light in order to promote improvement at the cellular level. Clinical studies on this technique are necessary in the future. However, since all patients showed improvement in the VAS score in this study, Protolight is expected to be useful for treating pain that has been conventionally difficult to treat. Oxidative stress decreased after treatment using Protolight, which suggests systemic improvement due to pain relief. Additional cases are necessary in the future.

A more detailed study will be reported at the 44th Meeting of the Japan Society of Pain Clinicians.

 

2.Usefulness of the new Redox Analyser “Carrio 400”

Purpose

“Carrio 400 (Redox Analyzer)”, the first device in the world to use an LED without a filter, employing a 4-channel photometric system, was developed for the simultaneous measurement of 4 samples using d-ROMs (oxidative stress level) and BAP (antioxidant potential) tests. We performed a basic study on the measurement accuracy of “Carrio 400”.

Methods

The following items were evaluated in each d-ROMs and BAP test measurement:

(1) Reproducibility of the serial measurements of the same samples for each of the 4 channels (photometer)

(2) Variability among the channels (photometer)

(3) Dilution linearity and measurement range

(4) Correlation with the conventional system (free radial analyzer)

(5) Operability

Results

Excellent results were obtained regarding the serial reproducibility of each channel, variability among the channels, dilution linearity, measurement range, and correlation with the conventional system. In terms of operability, since “Carrio 400” has a 4-channel photometric system, 4 samples for the d-ROMs or BAP test can be simultaneously measured. Since measurement is also possible using d-ROMs2 and BAP2 channels, a total of 4 measurements (oxidative stress level and antioxidant potential of 2 subjects) can be simultaneously performed. Thus, this device reduces the measurement time and can be readily operated, and, therefore, is useful in the clinical setting and for the measurement of multiple samples.

Discussion

The new Redox Analyzer “Carrio 400”, which shows marked measurement accuracy and allows the measurement of multiple samples by employing a simple procedure in a short time, is highly useful compared with conventional devices.

 

 

■2009年7月 日本ペインクリニック学会第43回大会(名古屋)

星状神経節ブロック治療は、生体の酸化ストレス(活性酸素によるダメージ)の軽減と、抗酸化力(酸化ダメージを防ぐ力)の向上を研究発表しました。

■2009年6月 第7回酸化ストレス・抗酸化セミナーにて講演

セミナーでの講演
セミナーでの講演

ウイスマー研究所/株式会社ウイスマー主催の「第7回酸化ストレス・抗酸化セミナー」で講演しました。講演内容は、「慢性疼痛患者への星状神経節ブロックによる酸化ストレスへの影響」です。

また、クリニックにおける酸化ストレス度測定(d-ROMsテスト)と抗酸化力測定(BAPテスト)の自費診療メニュー展開への効果についても講演しました。

当日は、250人を超える先生方やマスコミの人たくさんが集まり、大変盛況なセミナーでした。

■2009年5月 第9回日本抗加齢医学会総会(東京:台場)

第9回日本抗加齢医学会総会(東京:台場)

東京お台場で開催された“第9回 日本抗加齢医学会”において、星状神経節ブロック治療の抗加齢医学への応用について症例報告しました。

■2008年7月 日本ペインクリニック学会第42回大会(福岡)

福岡の学会会場にて
福岡の学会会場にて

福岡で開催された「日本ペインクリニック学会(痛みを専門に治療する学会)」で、星状神経節ブロック治療の効果について発表しました。

■2008年6月 日本麻酔科学会第55回学術集会(横浜)

日本麻酔科学会での発表
日本麻酔科学会での発表

パシフィコ横浜で行われた「第55回日本麻酔科学会」において、“硬膜外ブロックと酸化ストレス”と言う題目で、学会発表を行いました。

“硬膜外ブロック”と言うペイン治療によって、活性酸素・フリーラジカルによる生体のダメージが防げる事を証明した内容を発表し、他の多くのドクターの関心を集めました。

 

学会発表風景
学会発表風景