ダイエットは、美容にも生活習慣病予防にもとても大切です。

はるみクリニックのダイエットメニューは、最新鋭のダイエット治療器『THELLO』を一番最初に導入したクリニックです。

“健康あっての美しさ”の追及をサポートするはるみクリニックならではのダイエット治療です。

無理せず健康的にダイエットをと思う方は、是非ご相談下さい。

最新鋭のダイエット治療器『THELLO』

最新鋭ダイエット治療器『THELLO』
最新鋭ダイエット治療器『THELLO』

THELLO』は、キセノン光線と中周波EMSの機能を有しており、それぞれの作用と相乗作用によりダイエット効果が期待できます。

 キセノン光線の発光スペクトルは紫外線から可視光線・赤外線までの380nmから1100nmの複合波長帯の光です。(人体に有害とされる400nm以下の紫外線は特殊なフィルターでカットしています。)特に赤外線においては近赤外線領域Ⅰといわれる800nmから1000nmにスペクトルピークがあり(図1)、生体内の血液(ヘモグロビン)や水分に吸収されにくく、浸透度が高い光線(図2)です。 このキセノン光線を1発光18J(ジュール)の高エネルギーを5/1000secで瞬間的にパルス照射することで生体内7㎝(社内実測値)まで光が浸透します(図3)。生体に照射された光は約40度の角度で拡散し、皮膚表面で反射・吸収され、さらに皮膚というバリアを透過した光は生体組織内で吸収・散乱し熱変換により適度な温感が得られます。

 光線を照射する事で起こる生体反応は、

などが学会で報告されており、キセノン光線に関しても同様の作用機序があるとされています。 特に血管拡張作用による血流改善効果により、細胞組織の活性化・リンパの還流改善からの基礎代謝・新陳代謝を促進することで、脂肪燃焼が期待できます。

中周波EMSとは?

人間の身体は脳からの電気信号で筋肉を動かしており、それを他動的に筋肉運動させるのが電気治療器やEMSといわれています。 低周波治療器やEMSでは低い周波数を生体に流すと浅い筋肉を他動させ、高い周波数を生体に流すと深い部分の筋肉を他動させるといわれています。 高い周波数帯を流すことで通常のトレーニングなどでは動かすことがしずらい、深層筋(インナーマッスル)を動かすことができます。 また低い周波数は皮膚抵抗が大きく出力を上げるとチクチク感が大きく痛みを感じますが、周波数を高くすることで皮膚抵抗が少なくなり出力を上げる事ができ、深い部分に流す事が可能です。 THELLOのEMSは比較的高い一定の周波数のキャリア波とキャリア波より低い一定のバースト波を掛け合わせて低周波領域の体感を感じさせ、ダイエットモードでは赤筋(遅筋)に、トレーニングモードでは白筋(早筋)に働きかけています。

Before and After