「肥満」はもちろん、食べ過ぎや運動不足などの生活習慣の延長として生じますが、生活習慣を左右する「食行動」についても、実は遺伝子が絡んでいます。

また太り方にも「内臓脂肪」なのか、「皮下脂肪」なのかを左右する遺伝子が

あります。中には「痩せやすい」遺伝子の体質の方もいます。

 

 

 当院の肥満遺伝子検査は、これら肥満に関する遺伝子を爪の成分から判断する

検査です。

検査結果によって、その方の食行動や太り方の体質を判断し、それに合った食生活や

運動のアドバイスを行います。

また、自分の体質を知ればどのような食品なら比較的安全か、どのような食品が

太りやすくなるか、などもわかるためその後の食生活にはすぐに役ニ立つでしょう。

 

 

遺伝子は生涯変化しないため、一度受ければその後の生活でずっと活用できます。