CAVI検査は動脈硬化で血管の弾力性が低下したり、

血管壁が硬くなり内腔が狭くなるなどの危険性を評価する検査です。

 動脈硬化自体は自覚症状に乏しいのですが、放置して進行すると

些細な症状(見えにくい、しびれる、動かしにくいなど)が頻繁になり、

突然の脳梗塞や脳出血、狭心発作や心筋梗塞などに発展します。

血流を改善する薬剤(血液サラサラ薬)などを服用することも多いですが、

たとえ「流れ」がよくなっても硬い血管や狭い血管の改善はあまり期待できません。

特にコレステロールが高い方や糖尿病の方は、動脈硬化のリスクが高くなります。

 当院ではCAVI検査で動脈硬化度が高い場合、血管を改善させる点滴治療をご案内

しています。