アルコール遺伝子検査
アルコール遺伝子検査

アルコール感受性遺伝子検査

「飲める体質」なのか、「飲めない体質」なのか?!

飲み続けることによって、どういった病気を発症しやすいのか?!

がわかります!

Q あなたは飲酒すると、どうなりますか?

1.ほろ酔いになり、気分は最高!

2.頭が痛くなり、二日酔いになる

3.吐くので飲めない

4.あまり酔わない

それは「遺伝子」で決まっているのです !

①「飲める」か「飲めない」か? 

② かかりやすい病気は何か?

アルコールの代謝

飲酒によるアルコール(エタノール)は、アルコール脱水素酵素「ADH1B」の働きによって、アセトアルデヒド(有害物質)に分解されます。

アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きによって、酢酸から二酸化炭素と水に分解されます。

これらの分解酵素は、それぞれの遺伝子によって作用し、人それぞれに違います!

検査方法

問診を受けて、爪を切って送るだけで、1週間ほどで検査結果が出ます。

検査の結果によって、アルコール遺伝子タイプ別のカードと結果レポートをお渡しします。

遺伝子タイプ別 「注意すべき疾患」 および 「日本人における比率」

および 「お酒が強い体質か弱い体質か」 分類表

飲酒による様々な病気のリスクを回避するためにも、遺伝子検査はとても重要です!